テーマ:上野

見納めの梅@寛永寺

冬から初春の季節を楽しませてくれた梅もそろそろ終わりですね~ 上野駅公園口からすぐの寛永寺開山堂両大師堂の梅です。 たぶん見納めの梅になるのかな~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄の門@国立西洋美術館

大きな作品なので一部分をモノクロで撮りました。 オーギュスト・ロダン:ボードレールの『悪の華』に表現された人間自身の「地獄」の世界に踏み入って行ったと言えよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満開の菊桃@上野不忍池

上野不忍池を散策、桜は風と雨で散り始めていますが菊桃は満開です。 花形は菊に似て紅色の八重咲き。まさに桃+菊です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野昇龍:餃子@上野アメ横

上野アメ横のガード下にあるお店・昇龍は餃子で有名です。 11時30分開店少し時間過ぎに到着カウンターだけ10席位?ラスト3席なんとか入れました。 早速、餃子:4個で450円・焼そば・生ビールを注文餃子餡は野菜中心で具がたっぷりジャンボです。 さっぱりと味がついているので醤油ラー油なしでも美味しいです。 4個でも大満足です。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮の葉っぱ葉脈が綺麗@上野不忍池

蓮の主役はもちろん花ですが大きな葉っぱ表と裏の色が綺麗です。 裏側の葉脈を主役に撮りました。 不忍池の蓮は江戸時代より浮世絵に描かれたほどの名所です。 7月12日から上野夏まつりが始まり蓮の開花も見ごろです。 花が咲く午前中からカメラに蓮の花を収める人で大賑わいです。 池の周りも整備されて明るい良い雰囲気になりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輝く蓮の花@上野不忍池

蓮の花の輝きをどう表現すればいいのか? 今回は一枚の花弁を輝きを主役に撮りました。 不忍池の蓮は江戸時代より浮世絵に描かれたほどの名所です。 7月12日から上野夏まつりが始まり蓮の開花も見ごろです。 花が咲く午前中からカメラに蓮の花を収める人で大賑わいです。 池の周りも整備されて明るい良い雰囲気になりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不忍池の蓮・弁天堂@上野恩賜公園

不忍池の蓮は江戸時代より浮世絵に描かれたほどの名所です。 7月12日から上野夏まつりが始まり蓮の開花も見ごろです。 花が咲く午前中からカメラに蓮の花を収める人で大賑わいです。 池の周りも整備されて明るい良い雰囲気になりました。 不忍弁天堂を望む水上の遊歩道から蓮と弁天堂を撮りました。 ■写真1・2:不忍池の蓮・弁天堂@上野恩賜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神輿の渡御@下谷神社大祭・上野  

祭りと言えば神輿の渡御、若い衆の活気がすごいです。 下町で1番早い夏祭りとされている「下谷神社大祭」は、千年以上の歴史を持ち本社神輿の渡御がある「本祭り」と町会神輿の渡御だけの「陰祭り」が隔年で行われています。 2014年は「本祭り」千貫神輿と呼ばれている神社神輿が氏子29ヶ町の若衆の延べ6千人によって朝6時15分より夕方6時半まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意味わかる!?芸術的なトーテンポール@藝祭2013

藝祭2013 眩暈がするくらい・・・ ポスターのメッセージ通り藝祭2013、芸術の爆発でした。 音楽・芸術の祭典、眩暈がするくらい・・総合美術展・音楽祭といった感じです。 模擬店の学生さんも流石声楽なのでソプラノで歌ってアピール・・たくさん刺激をもらいました。 ■写真:意味わかる!?芸術的なトーテンポール@藝祭2013
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本初公開:ギャビーのディアナ@ルーヴル美術館展

上野の東京都美術館で開催されているルーヴル美術館展 ―地中海 四千年のものがたり―に初日に行ってきました。ものすごい人で大行列かなと思いましたが午前中に行ったのですんなりゆっくり鑑賞できました。 ■写真1:ギャビーのディアナ 清楚な容貌と肩に手をやる自然なたたずまいが美しいこの彫像はギリシア風の短い衣装などから、狩りの女神アルテミス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野東照宮ぼたん園@冬ぼたん

寒牡丹の花はその年の気象に大きく左右され、着花率は二割以下といわれています。 そこで、花の少ない冬に お正月の縁起花として抑制栽培の技術を駆使して開花させたものが冬牡丹です。 春夏に寒冷地で開花を抑制、秋に温度調整し冬に備えるという作業に丸二年を費やし、厳寒に楚々とした可憐な花をつけます。■写真1・2:キレイな色の冬ぼたん
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野東照宮ぼたん園@冬ぼたん

霜よけの藁囲いに包まれて咲く冬の牡丹の綺麗な花色を鑑賞出来ました。牡丹には二期咲き(早春と初冬)の性質を持つ品種があり、このうち低温で開花した冬咲きのものが古来より寒牡丹と呼ばれています。 ■写真1・2:霜よけの藁囲いに包まれて咲く 淡い紅色のぼたん
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野東照宮ぼたん園@冬ぼたん

霜よけの藁囲いに包まれて咲く、冬の牡丹、綺麗な花色を鑑賞出来ました。牡丹には二期咲き(早春と初冬)の性質を持つ品種があり、このうち低温で開花した冬咲きのものが古来より寒牡丹と呼ばれています。 ■写真1・2:霜よけの藁囲いに包まれて咲く白色のぼたん
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野東照宮ぼたん園@冬ぼたん

苑内には約40品種600株の冬牡丹の他に大切に育てた寒牡丹もございます。 霜よけの藁囲いに包まれて咲く冬の牡丹の綺麗な花色を鑑賞出来ました。 ■写真1・2: 霜よけの藁囲いに包まれた冬ぼたん(たて構図)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野東照宮ぼたん園@冬ぼたん

苑内には約40品種600株の冬牡丹の他に大切に育てた寒牡丹もございます。霜よけの藁囲いに包まれて咲く冬の牡丹の綺麗な花色を鑑賞出来ました。 牡丹には二期咲き(早春と初冬)の性質を持つ品種があり、このうち低温で開花した冬咲きのものが古来より寒牡丹と呼ばれています。 ■写真1・2:冬牡丹と五重塔
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第29回全国都市緑化フェアTOKYO@上野恩賜公園

「竹の台エリア」と「不忍池エリア」を中心に、それぞれのエリアの特徴を活かし、ダイナミックな花とみどりの造形による「驚き」と自然の恵みへの「再発見」を通じて、多くの人々の参加によるみどり豊かなまちづくりを提案します。■写真1・2:花短冊回廊 ・東北「農」の庭:共助のガーデン
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハスの花@上野不忍池

うえの夏祭りも始まり不忍池のハスは池の水面にビッシリと蓮の葉で覆われピンクと黄色の可憐な花が咲きます。蓮は三日花と言われ早朝に花を咲かせては昼頃に閉じこれを3日間繰り返して散るので花を見るにはタイミングが合わないと出会えません。■写真1:六角堂と蓮の花 ■写真2:蓮の花を裏側から撮りました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地下鉄銀座線@上野車庫

上野駅から昭和通りを入谷方面、上野保健所方向に右折するとすぐに上野車庫が見えて来ます。出庫時には踏切が下りて道路を横断します。東京スカイツリーのおかげ!?で見学者が増えています。 ■写真1:線路が主役、奥に銀座線車両 ■写真2:上野車庫外観
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不忍池の紅葉@SONY α330

上野恩賜公園の南端にある不忍池。周囲は約2km中央に弁才天を祀る弁天島(中之島)を周遊する散歩道は秋の風景です。夏には一面が蓮で覆われる池も今では渡り鳥たちの楽園になっています。■写真1:不忍池の紅葉 ■写真2:”ゆりかもめ”が並んで一休みしていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”ベランダの影模様”@旧岩崎邸庭園

上野・不忍池の湯島寄り池之端の少し奥まった所に旧岩崎邸庭園があります。大きな扉の入口を入り緩やかな坂道を上ると高台に洋館が見えてきます。靴を脱いで館内を見学できますが撮影禁止なので外観の写真を撮りました。■写真1:ベランダの模様の影が綺麗です。 ■写真2:窓に映る”秋の雲”
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”秋の雲”・旧岩崎邸庭園@SONY α330

上野・不忍池・湯島寄り池之端の少し奥まった所に旧岩崎邸庭園があります。大きな扉の門を入り緩やかな坂道を上ると高台に洋館が見えてきます。靴を脱いで館内を見学できますが撮影禁止なのが残念、館内の天井・壁の装飾が見事です。洋館の外観と空の雲を撮りました。■写真1:秋の雲が綺麗です。 ■写真2:旧岩崎邸庭園を主役に撮りました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more