テーマ:紅葉

赤い実と雪景色@塩原大沼

ガマズミと雪風景@大沼園池 那須塩原の日光国立公園 大沼園地は雪景色、池には自然の造形・氷紋が出来ています。 木道には秋には真っ赤に色づいたガマズミの赤い実がまだ残っていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目白庭園ライトアップ三景

山手線 目白駅から5分、都心で水鏡紅葉が楽しめます。 小さな日本庭園を朱色や黄金色に色づく木々が木々や石塔とともに水面にまばゆく映し出される幻想的な風景が綺麗でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉ライトアップ@大田黒公園

綺麗・大田黒公園 紅葉ライトアップ 初めて訪れましたが見事な紅葉のライトアップに感動です。 彩り鮮やかな紅葉のライトアップ、池の水面に映る紅葉美しい! 大田黒公園は、音楽評論家大田黒元雄の自邸を整備し昭和56年10月1日に開園されました。 自邸の30%を公園にして欲しいという大田黒元雄の遺志に基づいて、遺族から杉並区に寄贈さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉@興禅院

紅葉@興禅院 花と紅葉で有名。シャクナゲ、花菖蒲、アジサイ、彼岸花などが咲き、紅葉もきれい。地蔵を抱えたスダジイの巨木があり圧巻。 弁財天・十三仏・ふるさとの森へは、本堂を右に折れ通用門を出て左折し、その先にある。住職は駒澤大学教授でもある早船元峰氏。天文15年(1546)に創建。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉と大名庭園のライトアップ

紅葉と大名庭園のライトアップ 「つつじ茶屋」から眺める水面に映る紅葉、「芦辺茶屋」から眺める「渡月橋」を彩る紅葉。 夜間では青いライトでかつてあった川の流れを表現した「水香江」や、「滝見茶屋」の石組と紅葉の組み合わせ など見どころ満載です
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉風景@九品仏

紅葉風景@九品仏 「九品仏」の由来 広い境内の本堂の対面に3つの阿弥陀堂があり、それぞれに3体合計9体のそれぞれ印相の異なった阿弥陀如来像が安置されている。この9体はそれぞれ、上品上生(じょうぼんじょうしょう)、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生という、浄土教における極楽往生の9つの階層を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉風景@九品仏

紅葉風景@九品仏 「九品仏」の由来 広い境内の本堂の対面に3つの阿弥陀堂があり、それぞれに3体合計9体のそれぞれ印相の異なった阿弥陀如来像が安置されている。この9体はそれぞれ、上品上生(じょうぼんじょうしょう)、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生という、浄土教における極楽往生の9つの階層を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉地蔵@九品仏

紅葉地蔵@九品仏 「九品仏」の由来 広い境内の本堂の対面に3つの阿弥陀堂があり、それぞれに3体合計9体のそれぞれ印相の異なった阿弥陀如来像が安置されている。この9体はそれぞれ、上品上生(じょうぼんじょうしょう)、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生という、浄土教における極楽往生の9つの階層を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哲学の道・法然院

哲学の道 東山のふもと、左京区・若王子神社から法然院下を銀閣寺に至る疏水べりの小道。約1.5キロ。日本の道百選にも選ばれた。哲学者西田幾多郎が散策、思索にふけったといい、この名がついた。春は両岸の関雪桜で花のトンネル、川面に散り流れる花ビラもひとしおの風情。 法然院
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永観堂・禅林寺

永観堂 正しくは禅林寺といい浄土宗西山禅林寺派の総本山。853年(仁寿3)空海の弟子真紹が藤原関雄の山荘を譲り受け、尊像を安置、真言宗の道場としたのが始まり。承暦年間(1077-81)第7世永観が入寺して以来、徐々に浄土念仏道場へと変わっていった。顔を斜め後ろに向けた阿弥陀如来像は‘みかえり阿弥陀’として知られる。国宝の絹本着色山越阿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南禅寺水路閣

紅葉・南禅寺水路閣 サスペンスドラマでよく見るスポット 南禅寺水路閣は琵琶湖の湖水を京都市内に流す「琵琶湖疏水」の分線にある水路橋です。 琵琶湖疏水の分線(蹴上以北)にある水路橋で1888年(明治21)完成。 南禅寺境内を通過するため、周辺の景観に配慮して田辺朔郎が設計、デザインした。 全長93.2メートル(幅4メートル、高9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀閣寺

銀閣寺 銀閣寺は金閣寺と同様に京都楼閣建築の代表寺院、正式名称は慈照寺(じしょうじ) 砂を波形に盛り上げた銀沙灘(ぎんしゃだん) 砂を盛り上げた波形があります。この砂は月待山にのぼる月見るために作られたという話と 月の光を反射させて本堂を照らす役割があるという2つのお話しが伝えられています。 銀閣寺の庭を抜けて、小高い丘程の月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奔龍庭@圓光寺

・奔龍庭@圓光寺 石組と白砂で天空を奔る龍を表現した枯山水庭園 ・紅葉・水琴窟@圓光寺 縁が広い盃型の手水鉢を用いた水琴窟は珍しく、「圓光寺型」として知られています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほほ笑み地蔵さん@圓光寺

・ほほ笑み地蔵さん@圓光寺 「十牛の庭」美しいカエデと紅葉が綺麗です。 苔と紅葉の落ち葉の中にほほ笑み地蔵さんが・・癒される。 ・いねむり小坊主さん@圓光寺 木魚にもたれいねむり修行僧にねずみが遊びに来ています
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白砂と緑に映える紅葉@詩仙堂

白砂と緑に映える紅葉 詩仙堂は江戸時代初期の風流人、石川丈山がつくり、暮らした山荘がもとになったお寺です。 庭は格調高く、秋になると白砂と緑のサツキに赤色がよく映えます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more