怒り(上)(下)吉田修一

怒り:吉田修一
辰哉の泉への純愛
田中への怒りもその分大きい
相手に信じてほしいでなく
自分を信じて相手を愛する。
泣けるけど温かい気持ちになる良い小説でした。
画像

画像

"怒り(上)(下)吉田修一" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント