怒り(上)(下)吉田修一

怒り:吉田修一
辰哉の泉への純愛
田中への怒りもその分大きい
相手に信じてほしいでなく
自分を信じて相手を愛する。
泣けるけど温かい気持ちになる良い小説でした。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント