東京銭湯お遍路・127湯目 久保の湯@十条 ★★★☆☆

十条駅下車、駅前通りに出て信号を渡り踏み切り手前のたこ焼き屋の角を路地に入ると煙突が見えて来ます。昔ながらの銭湯のたたずまいが良いです。フロント式ですが内部は江戸風銭湯です。脱衣場は標準の広さ、中央に小さめのゴザ張りの休憩スペース・縁側からは鯉の泳ぐ池があります。周辺は民家なので夕陽が入り、浴室内は明るくて気持ちいです。浴室は標準的な広さ、カランは6・島10(シャワーなし)・4+シャワーブース2・浴槽は2つ(ジェット・浅い)・深(バブル・熱め)、湯温は温度計を見ると44度でちょうど良い温度です。ペンキ画は昔ながらの富士山、仕切り壁タイル画は山と湖です。床のタイルが変わったデザインのタイルです。住宅街にある昔ながら銭湯、北区は廃業する銭湯も多いのですがこれからも続いてほしいと思います。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック