「課題先進国」日本@小宮山 宏 ★★★★☆

「課題先進国」日本という題名にひかれて読みました。政権交代で新たな政府を作る、民主党の鳩山由紀夫代表にも読んでほしいと思う1冊です。東京大学総長に就任した小宮山さんが、新たな国家像とその実現の為の戦略的ビジョンをまとめたのが本書です。今までの復興の歴史では日本は(政府・官僚)は海外諸国の問題解決策を”選択と集中”で実行する事で解決してきたが現在の課題は”選択を集中”では解決出来ず、日本独自のビジョン・社会システムを構築する必要がある。
第1章:日本の現状
資源、環境、エネルギー、住宅、医療、教育、高齢化と小子化等々日本の課題は山積でそれはこれから世界の課題になる。1968年以降の『失われた40年間』
第2章:21世紀の環境とエネルギーのビジョン
人類の課題の中で重要なもののひとつに環境とエネルギーの問題がありその解決策を『ビジョン2050』として説明しています。『エネルギー効率を3倍、自然エネルギーを2倍に』世界経済の発展を止めずに環境とエネルギーのバランスをとる。発電効率・セメント生産効率・エアコン効率を改善していく。
第3章:課題解決ビジョンを具体例で考える
東京大学総長として大学作り・研究者育成中心の話題に入る。知の構造化の目的と方法と大学の役割。ビジョンの具体例、アジア型エコハウスへの朝鮮・高齢化社会の医療システム・教育院構想・21世紀の大学の役割:知識を価値化する研究
第4章:目指すべき国家像
日本は地球の未来像を内包している。平和国家日本のなすべきことアジアとの連携が大切、先頭に立つ勇気:課題解決先進国:日本になる。
画像








職場の課題発見法?変革型リーダーの条件
ワイメック出版部
吉田 博

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック