サイレント・ラブ@五木 寛之 ★★★★☆

五木 寛之さんの作品”愛に関する12章”の11章”静かなる愛”を基に描かれた短編小説?エッセイ?『性』・『Sex』の内容なのでそれなりの背景・描写で95ページなので味わって読んでも1時間以内で読めます。大変綺麗な『大人の絵本』のようで・挿絵・イラストを取り入れ絵画的に愛・セックスのあり方を描いています。「人生を生きるという事と愛とセックスとの関わり方」を問いかけている。
『性』・『Sex』どうしても生殖目的・男性側がメインとなるがどうしてもマンネリになる。そこで『ポリネシアン・セックス』の考え方で生殖を目的とする行為を否定し精神的に、お互いの心身の充足感を得られる『気の流れ』であり”未知の新たな性”お互いの「愛」を高揚させる様に静かに待つ!サイレント・ラブなのだ。色々な愛の形があるので万能ではないですが大変、共感できます。恋人同士で読みあう事でお互いを見つめ直すには良い1冊たと思いました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック