美丘@石田 衣良 ★★★★☆

石田衣良さんの小説を久々に読みました。さすがに言葉の使い方が良く心の動き、情景描写がすんなり頭に入ってきてストーリーが進みます。学生時代のベタ?王道の恋愛小説なのかも知れないけど自分らしく生きる!自分ってなに!美丘の人生は永遠に続くものではないと・・はかない命の輝き!最後の最後まで守ってやる男心・・「愛とはただ、一緒にいること」これはすごくパワーがいる!若いから相手を思う気持ちで一生懸命になれる!改めて若さっていいな!若い時を思い出させる小説でした。
美丘、きみは覚えているだろうか。ぼくときみがいっしょに暮らしはじめた八月。あの夏の光と夜のやさしさを―。残された命を見つめ、限りある生を全力が走り抜けた美丘。彼女が生きたことの証として最期を見届ける太一。奇跡のラストシーンに向かって魂を燃焼しつくした恋人たちを描く、号泣の物語。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック