アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
脳.心.人工知能 甘利俊一
脳.心.人工知能  甘利俊一 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/20 08:09
怒り(上)(下)吉田修一
怒り(上)(下)吉田修一 怒り:吉田修一 辰哉の泉への純愛 田中への怒りもその分大きい 相手に信じてほしいでなく 自分を信じて相手を愛する。 泣けるけど温かい気持ちになる良い小説でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/09 21:43
新書2冊
新書2冊
スマホやネットも良いけどたまには ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/21 10:51
土佐堀川 広岡浅子の生涯 文庫・面白い!感動した!
土佐堀川 広岡浅子の生涯 文庫・面白い!感動した! 文庫・35万部突破 ! ! ドラマ原案本 連続テレビ小説「あさが来た」 幕末・明治維新の余波を乗り越える広岡浅子のパワー元気が出ます。 明治の日本人、未来の日本を作るための情熱・行動力すごいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/13 21:39
モチベーション3.0@ダニエル・ピンク
モチベーション3.0@ダニエル・ピンク モチベーション3.0@ダニエル・ピンク モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか講談社ダニエル・ピンクユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/04 06:49
未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ
未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ 未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ リンダ・グラットン (著) 吉田晋治 (翻訳) 世界が変わる。働き方が変わる。企業が変わる。真の「働きがい」を求めて。 『ワーク・シフト』のリンダ・グラットン教授の新たなメッセージ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/21 17:26
マーケット感覚を身につけよう ちきりん
マーケット感覚を身につけよう ちきりん マーケット感覚を身につけよう ちきりん ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/08 22:31
未来の働き方を考えよう ちきりん
未来の働き方を考えよう ちきりん 未来の働き方を考えよう ちきりん ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/30 20:13
君に友だちはいらない 瀧本哲史
君に友だちはいらない 瀧本哲史 君に友だちはいらない 瀧本哲史 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/30 20:11
『資本主義の終焉と歴史の危機』水野和夫 
『資本主義の終焉と歴史の危機』水野和夫  グローバル資本主義を生き抜くための書籍が多い中、資本主義の終焉を解説する本書は必見です。 金利ゼロ=利潤率ゼロ=資本主義の死。 それでも成長を追い求めれば、多大な損害が生じるだけ! 資本主義の最終局面にいち早く立つ日本。 世界史上、極めて稀な長期にわたるゼロ金利が示すものは資本を投資しても利潤の出ない資本主義の「死」だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/04 21:08
下町ロケット@池井戸 潤
下町ロケット@池井戸 潤 「会社とは?」「仕事とは?」「生きるとは?」・・・ 日ごろのモヤモヤ感から「あるべき姿」で乗り切る爽快感が良いですね〜 ■写真:下町ロケット@池井戸 潤 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/12 07:43
挑戦者@渋沢 和樹 ★★★★★
挑戦者@渋沢 和樹 ★★★★★ KDDI誕生までの第二電電の設立、固定通信から携帯電話への参入、第二電電・KDD・日本移動通信の三社合併までの関係会社名、登場人物の実名入りのノンフィクション小説です。 その根底の精神・”新しいステージにおいては、勝つのは、正しい動機を持ち、一途な志を抱き、知恵と情熱に富んだ者たちである。” auの名前の由来・access(接近) amenity(快適)・unique(独特) universal(普遍的)の組み合わせ造語:生活に密着し人に優しい携帯電話のイメージを表現したもの この本は通信... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/16 21:07
「空気」と「世間」@鴻上尚史 ★★★★☆
「空気」と「世間」@鴻上尚史 ★★★★☆ 最近よく言われる「空気」ってなんだろう?「世間」ってなんだろう?と言う本質を考えた行く本書、「世間」には5つのルールがあり、5つのどれかが無い、壊れた物が「空気」である論点で進んでいきます。 「世間」の基本ルール @贈与・互酬の関係 A長幼の序 B共通の時間意識 C差別的で排他的 D神秘性 この5つを欧米社会と日本社会の歴史を比較していきながら現代の日本社会を見つめる。部落・世間が崩壊してセーフティーネッであった会社まで崩壊して社会全体のセーフティーネットが無い状況が現在である。今までは自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/09 20:04
「聞く力」を鍛える@伊藤 進 ★★★★☆
「聞く力」を鍛える@伊藤 進 ★★★★☆ カメラ・写真関係の本・雑誌ばかり読んでいたので久々の新書です。コミニュケーションの基本は『聞くこと』と『話すこと』だが『話術』はあるが『聞術』はない!『話しべた』はあるが『聞きべた』はない!『聞く力』を鍛える必要がある。 コミニュケーションとは『分け合い』という本書はなるほど感心しました。 @.情報分け合い型コミニュケーション:情報伝達、情報・知識・考え・アイデアの共有・分け合い A.気持ち分け合い型コミニュケーション:想い・感情・気持ちの分け合い B.時空・食等の分け合い:食事を一緒にす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/03 08:00
ドリーマーズ@柴崎 友香 ★★★★☆
ドリーマーズ@柴崎 友香 ★★★★☆ ここの所、経済書・科学本を読んできたので少し息抜きとして『柴崎 友香 』さんの短編集『ドリーマーズ』を読みました。表紙が綺麗でまさにドリーム!夢か現実なのか?現実とパラレルに進むやけにリアルな夢。独特な世界を感覚を研ぎまして読むとより楽しめます。 6つの短編 @ハイポジション:会社近くのカフェから見る日常、夢に出てくる仲間・・ Aクラップ・ユア・ハンズ!:大学のサークル仲間、下宿先のアパートで夢の中であった人・・ B夢見がち:大阪環状線の福島ホームから鶴橋、自分は生きているのか・・・現実... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/05 20:12
LivingPhoto「おうちで楽しく!リビングフォト」@今道しげみ
LivingPhoto「おうちで楽しく!リビングフォト」@今道しげみ 著者はSONY αセミナー 花の講座「Salon de Sylvie」講師として有名なリビングフォトグラファー『今道しげみ』さんの著書で綺麗なリビングフォト満載です。 LivingPhotoは女性向けで暮らしの中で、花や料理、雑貨、ペットをかわいく『美しいボケ』で綺麗に撮りたい!カメラの本にありがちな技術的な専門用語で説明するのでなく誰でもわかる様に『美しいボケ』写真の解説しているのが特徴です。リビングフォトだけでなく色々なシーンにも参考になります。 ■男のIndoorPhoto『インドアフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/04 08:07
フォトマスター検定@勉強開始
フォトマスター検定@勉強開始 8月末にデジタル一眼α300を購入したので写真撮影・デジタル一眼の取り扱いをHPや雑誌等を読んで色々な知識を調べていたら、『フォトマスター検定』を知り、どうせ勉強するんだから目標を持って進めようと早速、ネットで受験申し込みをして『フォトマスター検定合格 平成21年度 (2009)』 を購入しました。色々な分野にも検定試験があるんだな!と関心しています。試験日は11月15日なので色々少しずつ勉強開始していきます。 フォトマスターは3級〜1級そしてその上位にフォトマスターEXがあります。3級:基本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/24 21:01
自然界をゆるがす「臨界点」の謎@ ~宇宙・生命・物質のすがたはこうして一変する
自然界をゆるがす「臨界点」の謎@ ~宇宙・生命・物質のすがたはこうして一変する 本書はすべてのもの~宇宙・生命・物質”は刻一刻と変化し、大きく変質する臨界点と呼ばれる瞬間が自然界にある事をまとめた最新の本です。全部興味のある章ですが特に”自然”生物の起源”生命”がんの原因についてのは今後、もっと調べてみたくなりました。人間の細胞はある瞬間にがん細胞へと姿を変える。遺伝子異常の積み重ねで細胞が「がん化」する。チェックポイント遺伝子の守り手P53遺伝子自体が異常になるとがんになり増殖し続ける。 第1章〜第3章は自然:生物大発生・生物大絶滅・カンブリア爆発の臨界点 第4章〜第... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/24 20:04
選ばれる男たち―女たちの夢のゆくえ@信田 さよ子 ★★★★☆
選ばれる男たち―女たちの夢のゆくえ@信田 さよ子 ★★★★☆ この本は女性の視点から見たと結婚の事・人生の考え方と男との違いがわかる本です。カウンセリングが仕事の作者ならではの考察が良く、面白く読む事ができます。中高年の女性が、なんでイケメンたち「韓流」・「王子」に夢中になるのか?社会変化の中で男性の「女性化」・女性の「男性化」!男性が不要になった?そして「選ばれる男たち」になってしまった。 若者男性は細マッチョが理想、「成熟」する事に意味を見出さな。「マッチョ」は不要?話はDVになり夫が妻に暴力を振るうが自分では「暴力」と認識していない男の話、団塊の世... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/22 11:10
心にズドン!と響く運命の言葉@ひすい こたろう ★★★★☆
心にズドン!と響く運命の言葉@ひすい こたろう ★★★★☆ タイトルが大きい本ですがとりあえず読んでみました。54の色々な有名人の『運命の言葉』があり、その後に”ひすい こたろう”さんの解説があるという内容です。1話が見開きで1〜2ページで短めなので読みやすく、空いた時間に読めるのと文庫サイズで持ち歩くのに良いです。また一話毎にある”日野さおり”のイラストがカワイイです。難しい話でなく作者が色々な人の話・経験を元に解説しているので読み物として面白いです。雑誌感覚で時々めくってみるのも良いと思います。 パート1:いつだって、人を変えるのは言葉です!たった... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/21 18:42
眠れなくなる宇宙のはなし@佐藤勝彦 ★★★★★
眠れなくなる宇宙のはなし@佐藤勝彦 ★★★★★ 宇宙論の書籍はとかく難しく題名の通り”眠くなる”のですが本書はお勧めの良い本です。第一夜から第七夜で短編の各トピックスになっているので読みやすくわかりやすいです。古代から現在までの宇宙論をそれぞれの時代の先駆者(学者達)たちの自然・宇宙を見る視点・観察力等がすごい!人間って素晴らしい!何度も”なるほど””へぇ〜”と思わせる内容が満載です。興味津々でワクワクして本当に『眠れなくなります』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/17 19:34
デジタルカメラ 「プロ」が教える写真術 @長谷川 裕行 ★★★★☆
デジタルカメラ 「プロ」が教える写真術 @長谷川 裕行 ★★★★☆ デジタル一眼の性能が良くなり誰でも何処でも綺麗に撮影できる様になりましたが綺麗に印刷して写真を残したいと思うと実際にはディスプレイ・プリンターで見た時とは違う事を知る事が必要になって来ます。またトリミングで邪魔な物を消して印刷構図を決めたいと思う。その為にはRAW形式で撮影した写真をRAW現像、画像補正する事も重要で何をどう補正するのかを知る必要もあります。“撮影→画像補正→プリント”の基本を理解するには良い本です。画像補正はPhotoshopの説明ですが修正するポイントを理解出来ます。 ■基... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/13 10:17
経済学的思考のセンス@大竹 文雄 ★★★★☆
経済学的思考のセンス@大竹 文雄 ★★★★☆ プロローグでは”お金の無い人を助けるには?”小学5年生からの経済学者への質問に答える内容で始まる。経済学的な意味・センスをもって考える事でインセンティブと因果関係であり、身近にある色々な格差を経済学的に考えていく。経済学的思考のポイント  @金銭的なインセンティブ観点で物事を見る。 A物事の相関関係ではなく因果関係をきちんと押さえる。。  B非金銭的なインセンティブも理解する。(名誉、価値観、使命感、生きがい等) 1章:イイ男は結婚しているのか?2章:.賞金とプロゴルファーのやる気3章:年金未... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/12 18:42
新しい労働社会―雇用システムの再構築へ@濱口 桂一郎 ★★★★☆
新しい労働社会―雇用システムの再構築へ@濱口 桂一郎 ★★★★☆ 序章では現在、問題が顕在化している非正規労働者・派遣切り・ワーキングプア等の雇用問題を歴史的に説明していく中で問題の根源はどこにあるのか?日本型雇用システム(年功序列・終身雇用)を考える。 第1章:働きすぎの正社員にワークバランスを・・ 名ばかりの管理職:管理職と管理監督職・組合員資格と組合員の意味・ホワイトカラーについていのちと健康を守る労働時間規制、消えた『健康』の発想、生活と両立できる労働時間=生き方を見直すことが個人として雇用システム再構築の根源になると感じた。 第2章:非正規労働... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/09 11:04
「課題先進国」日本@小宮山 宏 ★★★★☆
「課題先進国」日本@小宮山 宏 ★★★★☆ 「課題先進国」日本という題名にひかれて読みました。政権交代で新たな政府を作る、民主党の鳩山由紀夫代表にも読んでほしいと思う1冊です。東京大学総長に就任した小宮山さんが、新たな国家像とその実現の為の戦略的ビジョンをまとめたのが本書です。今までの復興の歴史では日本は(政府・官僚)は海外諸国の問題解決策を”選択と集中”で実行する事で解決してきたが現在の課題は”選択を集中”では解決出来ず、日本独自のビジョン・社会システムを構築する必要がある。 第1章:日本の現状 資源、環境、エネルギー、住宅、医療、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/02 22:00
誰もいそがない町@藤井 青銅 ★★★★★
誰もいそがない町@藤井 青銅 ★★★★★ ネットで見かけてなんとなく良さそうなので読みました。予想通りの良い本でした。詩よりは長く短編小説よりは長く、気持ちをピュアにしてくれるショートストーリーです。第T章〜V章で構成されていて、ひとつの物語が見開き2ページまたは3ページの長さなので読みやすいです。結末には・・あるある・わかるわかる・なるほどとか・ホットしたり・キュンとしたりするのが良いですよ。日ごろは見逃してしまうような何でもない出来事や物・自然の奥にはとても深〜い、優しい物語がそれぞれあるんです。 第T章:男と女の気持ち・出会い・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/30 18:39
愛するということ@エーリッヒ・フロム ★★★★☆
愛するということ@エーリッヒ・フロム  ★★★★☆ 本書「愛するということ」は・・愛はひとつの快感であり・・「落ちる」ようなものだろうか?と本能・感情論を否定する事で始まり、”The Art of Loving”「愛するということ」は「Art=技術である」と定義し「知識」と「努力」が必要で「理論」と「実践」の内容を西洋宗教(ユダヤ教・キリスト教)の教え、実践行動から導き出す。 翻訳本なので哲学的表現説明で「弁証法」や「2重否定」の記述で意味を理解するのが少し難しい感じがしますが愛を例外的、特別に捕らえるのでなく社会・日常生活視点で理論的にまとめ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/27 19:35
3年で辞めた若者はどこへ行ったのか@城 繁幸 ★★★★☆
3年で辞めた若者はどこへ行ったのか@城 繁幸 ★★★★☆ これからの10年後、企業・社会が目指すべき改革とはどのようなものか!を考えさせられる1冊です。今年の新卒者・非正規労働者も10年後には32才になる。「昭和的価値観」という表現とそれに従わず生きる若者の仕事や人生観をキャリア編・独立編・新世代編22例「平成的価値観」を紹介しています。若者が読むのも良いですが中年・経営者に読んでほしい1冊です。 「年功序列と終身雇用」は日本企業の土台を支えて来たことは間違いない!「能力主義」に変革しないと日本企業がもたない事も間違いない!それ以上にワールドワイドに... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/08/25 11:26
新しい資本主義@原 丈人 ★★★★☆
新しい資本主義@原 丈人 ★★★★☆ 希望とは何だろうか?そして幸せとは何だろうか?経済学は数字で表せないものはすべて捨て去ってしまい『幸せ』という考えさえ数値化し尺度に頼る風潮を撒き散らした。20世紀に資本主義と社会主義のイデオロギー対決があったころは社会主義との競争の中でやりたい放題にはならなかった。 本書はイデオロギーの話でなく、現実としての問題点を明らかにして日本がどう世界に対して取り組んだら良いのかを著者の視点・経験から書いています。 「希望の大国・日本の可能性」日本は長い歴史のなかで独自の倫理と資本主義の精神・高い技... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/24 10:02
サイレント・ラブ@五木 寛之 ★★★★☆
サイレント・ラブ@五木 寛之 ★★★★☆ 五木 寛之さんの作品”愛に関する12章”の11章”静かなる愛”を基に描かれた短編小説?エッセイ?『性』・『Sex』の内容なのでそれなりの背景・描写で95ページなので味わって読んでも1時間以内で読めます。大変綺麗な『大人の絵本』のようで・挿絵・イラストを取り入れ絵画的に愛・セックスのあり方を描いています。「人生を生きるという事と愛とセックスとの関わり方」を問いかけている。 『性』・『Sex』どうしても生殖目的・男性側がメインとなるがどうしてもマンネリになる。そこで『ポリネシアン・セックス』の考え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/21 10:18
人間の覚悟@五木 寛之 ★★★★★
人間の覚悟@五木 寛之 ★★★★★ 本の帯の”経済が絆が国が壊れていく。ついに『覚悟』をきめる時が来た。”に惹かれて読みました。生き方・哲学的な書物は西洋宗教の根底にある教えから書かれている物が多いですが本書は東洋宗教の先駆者の話で書かれている所は学者でなく作家の五木 寛之の世界だなと感心しました。 『覚悟』をするしかないな、と諦める『覚悟』がさだまって来たのである。 『諦める』は投げ出すのでなく『諦める』は『明らかに究める』こと。 第1章 時代を見すえる:下降していくなか『命の実感』が薄らいでいる 第2章 人生は憂鬱で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/19 09:28
最後の恋@新潮社:短編集 ★★★★☆
最後の恋@新潮社:短編集 ★★★★☆ 『最後の恋』って言える事は幸せ・奇跡なのかも知れない!この恋で最後かもしれないと感じる時に結果は色々あるからこそ永遠に輝きを失わないのが『最後の恋』なのかも!8人の作家による短編集です。短編集と言うとあんまり期待しないのですがこの作品は各作者の特徴が良く出ているので、これを機会にそれぞれ作者の作品を読んで見たくなりました。*新潮文庫から内容は同じ”最後の恋―つまり、自分史上最高の恋”が発売されてます。 ・春太の毎日(三浦しをん):春太の目線なんだ・・ ・ヒトリシズカ(谷村志穂):忘れられない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/16 16:11
愛に関する十二章 @五木 寛之 ★★★★★
愛に関する十二章 @五木 寛之 ★★★★★ 五木 寛之の作品は数多くありますが、今回は”愛に関する十二章 ”を読みました。婦人画報社の”マリ・クレール”に連載された分をまとめたものです。各章毎に人生での”それぞれの愛”について探求されて読み易い文章でまとめられているのには感心します。生きるのに必要なのは”愛・情”なんだ!と再認識させられる、お勧めの一冊です。『自己愛』から『未知の愛』を求めて!! 1.自分を愛する 2.同性を愛する 3.家族愛 4.人間愛 5.小さいものへの愛 6.恋愛 7.仕事への愛 8.性愛 9.物への愛 10.言葉... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/10 18:48
九月の恋と出会うまで@松尾 由美 ★★★★☆
九月の恋と出会うまで@松尾 由美 ★★★★☆ 松尾由美さんの作品、雨恋”あまごい”を読んでSFチックな設定のピュアな恋愛小説に興味を持ち2冊目として”九月の恋と出会うまで”を読んでみました!やはり松尾さんの世界満載、SF・ミステリー・恋愛・ファンタジーな世界です。時空を超える設定を中心にしている所は共通軸かな?ベタベタの恋愛小説よりは肩の力を入れすぎないで楽しみながら読めるのが良いですね!旅行会社に勤める普通のOL(北村志織27歳)はひょんな事で”アビタシオン ゴドー”に引越しする。2005年のこのエアコンの穴と2004年のそちらの穴がつな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/07 17:41
日本の雇用--ほんとうは何が問題なのか@大久保 幸夫 ★★★★☆
日本の雇用--ほんとうは何が問題なのか@大久保 幸夫 ★★★★☆ あまり普段は気にする事のない”雇用問題”ですが自分自身の事となると日本の現状を正しく把握する必要があります。また将来の日本を良くする上でも重要な項目ですが”不安の無い人”が”不安な人の気持ち”を理解した上で色々な政策・制度を整備する事の難しさが一番の課題ですね!著者はリクルートワークス研究所の所長、大久保幸夫さんで内容が良く整理されていてわかり易いのは流石です。是非読んで欲しい1冊です。 第1章:日本の雇用はなぜこうなったのか?:雇用構造の三層化と雇用調整の現実・雇用調整の方法・残業調整・配置... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/04 08:42
日本語の作法@外山滋比古 ★★★★☆
日本語の作法@外山滋比古 ★★★★☆ ”思考の整理学”が大学生中心にヒットしている外山 滋比古さんの作品です。日経BP社ビジネス誌の”日経ビジネスアソシエ”に連載されていたものをまとめた本書は文学博士が読み解く進化した現代日本のことば遣いって言われると難しい話かな?と心配しましたが色々な話題のエッセイ集で読みやすく共感する部分も多く面白く役に立つ内容満載です。 第1章:ことばは身の丈−口くせに気をつける。同じ言葉を繰り返さない。  第2章:遠慮・思いやりのことば−発達に仕方が影響 “的”のつく言葉 冷たい感じになる。 第3章... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/01 12:46
欲しがらない生き方 -高等遊民のすすめ-@岬 龍一郎 ★★★★★
欲しがらない生き方 -高等遊民のすすめ-@岬 龍一郎 ★★★★★ 内容についてはまさに今の心境・環境にピッタリ合致する内容でビックリしながら読み進めました。最近はあまり深く考えていなかった哲学・イデオロギーの話を先人の漱石、良寛、ソローそれぞれの生き方から”高等遊民という考え方と生き方”人間らしく生きるとは何なのか。本当の豊かさとは何か。を解説して行きます。今の自分のこれからの生き方に参考になる事も多く感心しました。”お金持ちより心持ち!・物持ちよりも心持ち”の生き方それは・・”欲しがらない生き方”世欲の欲望を半分捨てる!本物の”まことの人”まずは人間を創れ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/26 20:19
春を嫌いになった理由@誉田 哲也 ★★★★☆
春を嫌いになった理由@誉田 哲也 ★★★★☆ 誉田 哲也さんの作品・ストロベリーナイト ・ジウI 警視庁特殊犯捜査係・ジウII 警視庁特殊急襲部隊 ・ジウIII 新世界秩序を読んで作品には刑事を主人公にした警察機構に関する描写とストーリー展開が面白い!主役が個性的な女性であり脇役・敵役との絡みが最高でしたが、今回の”春を嫌いになった理由”は警察ものとは違います。 TVプロデューサーの叔母さんからの依頼でTV番組の中で外国人超能力者の通訳をする事になった。内容は失踪者等を超能力で探す内容です。そしてもうひとつの中国から密入国する中国人兄妹の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/24 09:03
雨恋(あまごい)@松尾由美 ★★★★☆
雨恋(あまごい)@松尾由美 ★★★★☆ 雨恋と書いて”あまごい”と読む!内容を端的に表している良い題名です!叔母のマンションを借りることになった”沼野渉”、そのマンションに雨の日だけに現れる千波は幽霊。自殺・他殺?最初は声だけだけど事件の事が少しずつわかるたびに彼女の姿は脚から少しずつ見えてくる。守山・堂本小夜子との関係は?事件の真相を知るたびに渉は千波に惹かれていく。どんなにお互いを思っても、普通にしてあげられる事が出来ない。ラストで真相が明らかになった朝・・・それはとても切ない!恋愛小説・ミステリー・SF色々な要素が楽しめます! ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/19 17:26
リンゴが教えてくれたこと@木村秋則 ★★★★★
リンゴが教えてくれたこと@木村秋則 ★★★★★ 「奇跡のリンゴ」自然栽培に至るまでの苦労話を通じ、木村さんの自然栽培にかける熱い情熱、農業を超えて波乱万丈な人生が描かれているのが凄すぎます。各章とも興味深く最後まで読みました。木村さんの思いがストレートに伝わって来る!農業は奥が深いがまだまだ研究されていない。自然を木・雑草・虫の声を聞く、土の温度を測り変化を掴む、木村さんはすばらしい百姓です。 特に印象に残った木村さんの言葉 キュウリの腐敗実験結果から・・・ @自然栽培野菜:肥料も農薬も使わないで栽培した野菜 A有機栽培野菜:JAS法に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/11 18:22
やわらかなまっすぐ@藤川幸之助 ★★★★★
やわらかなまっすぐ@藤川幸之助 ★★★★★ 藤川幸之助さんの詩集「やわらかなまっすぐ」です。PHP研究所出版と言うとちょっと苦手な感じがしましたが読んでみるとこれは感動の詩集です。本の帯文・この箱をあけると「幸せの小さな粒」がプツンとはじける音がする。・心と言葉がぴったりの時・言葉ってすごいね!やっぱり。 本当に良い詩集です。自分の心に沁みこみ・響くんです!「言葉の力って偉大だ!」と感じさせられ、そして「心の力も偉大だ!」と感じます。大切に生きていかなくちゃ!と痛感しました。T〜V部構成でそれぞれ18個の詩で構成されています。どのページ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/05 18:35
食い逃げされてもバイトは雇うな@山田 真哉 ★★★★☆
食い逃げされてもバイトは雇うな@山田 真哉 ★★★★☆ 今月からは時間はたくさんあるのでゆっくり本を読む時間が増えそうです!?。公認会計士「山田真哉」さんの作品、女子大生会計士の事件簿シリーズを読んで興味を持ち今回は”食い逃げされてもバイトは雇うな”を読みました。 ●あの牛丼屋に食券機がない理由●1グラムなのに「タウリン1000ミリグラム」の理由 ●「9割が泣いた」というコピーに惹かれる理由●客のいない古本屋が潰れない理由●「0円」広告が多い理由 ●食い逃げされてもバイトを雇ってはいけない理由とは? 数字は誰でもうまくなる。数字がうまくなれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/01 21:04
螢・納屋を焼く・その他の短編@村上 春樹 ★★★★★
螢・納屋を焼く・その他の短編@村上 春樹 ★★★★★ 久しぶりに村上春樹さんの作品を読みました。短編集という事であまり期待はしていなかったんですがさすがに独特の世界観でラストはこれからどうなるの!?と読者の心に逆に問いかけてくる作品です。明と暗・現実と空想そんな共通した世界観です。 ・「蛍」:僕と彼は友人、彼と彼女は恋人同士、不思議な関係に彼女と都心を10キロ徒歩デート、突然の別れ、もう戻ってこない!ビンの中の蛍は僕の気持ちを現しているのか?突然消えた彼女の気持ちなのか? ・「納屋を焼く」:結婚パーティーで出会う!僕は31歳。・彼女は20歳、彼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/30 08:40
美丘@石田 衣良 ★★★★☆
美丘@石田 衣良 ★★★★☆ 石田衣良さんの小説を久々に読みました。さすがに言葉の使い方が良く心の動き、情景描写がすんなり頭に入ってきてストーリーが進みます。学生時代のベタ?王道の恋愛小説なのかも知れないけど自分らしく生きる!自分ってなに!美丘の人生は永遠に続くものではないと・・はかない命の輝き!最後の最後まで守ってやる男心・・「愛とはただ、一緒にいること」これはすごくパワーがいる!若いから相手を思う気持ちで一生懸命になれる!改めて若さっていいな!若い時を思い出させる小説でした。 美丘、きみは覚えているだろうか。ぼくときみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/27 18:31
人のセックスを笑うな@山崎 ナオコーラ ★★★★☆
人のセックスを笑うな@山崎 ナオコーラ ★★★★☆ そばにいる人に恋をした。その相手は美術の教師ユリだった。年の差はあるが、なんとなく心の波長が合う。何気ない生活の中で愛し合うが突然、ユリは海外旅行へ戻ってからはなかなか会えない!若い男の気持ちを良く表現していて自分の若い時と重なりあわせ、なんとも胸がキュンとなる。120ページなのでサラッと読めるのと胸キュン感がなかなか良い作品でした。 19歳のオレと39歳のユリ。歳の離れたふたりの危うい恋の行方は? 年上の女性との恋愛をまったく新しい文体で描いたせつなさ100%の恋愛小説。全選考委員がその才能... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/14 09:10
『ハンバーガーを待つ3分間の値段』斎藤由多加 ★★★★☆
『ハンバーガーを待つ3分間の値段』斎藤由多加 ★★★★☆ 話題の単行本が文庫本になったので早速購入、カフェで一気読みしました。発想の転換・見方・見せ方・に関連した話題がメインなエッセイです。難しい話でなく日常生活の中の事でさらっと説明されているのですが、納得することが多く読みやすいです。ある・あるという感じ!・自販機で350mlと500mlのコーラが同じ値段で売られているんだけど、なんだか350mlの方がおいしいもののように思えてしまう。・ビッグマックと普通のハンバーガーを同じ値段で売ったらどうなるだろう?日常から見るもので人間は操作されているのか?サ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/04 19:26
『深追い』横山秀夫 ★★★★☆
『深追い』横山秀夫 ★★★★☆ ・深追い・又聞き・引き継ぎ・訳あり・締め出し・仕返し・人ごと・・の7つの短編小説です。全部好きですが特に好きなのは・・『深追い』と『仕返し』と『引継ぎ』です。不慮の死を遂げた夫のポケットベルへ、ひたすらメッセージを送信し続ける女。交通課事故係の秋葉は妖しい匂いに惑い、職務を逸脱してゆく『深追い』三ツ鐘署に勤務する鑑識係、泥棒刑事、少年係、会計課長…それぞれ七人の男たちが遭遇した、人生でたった一度の事件。彼らの眼に映る風景は確かに色を変えた。警察短編小説集です ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/21 23:26
今週の図書館
今週の図書館 『PowerPointで困ったときの基本技・便利技 AYURA』 会社でOffice使う時に参考にする本は常に図書館で借りるのが最高です。 2週間ごとに違う本を使うことが出来る。借りたら会社に2週間、常に手元に置いて活用する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/29 17:18
今週の図書館
今週の図書館 ●インターネット社会の10年 新しいインフラで変わる生活、変わる社会 (単行本) 小豆川 裕子 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/27 14:45
今週の図書館
今週の図書館 今日は1冊です。日経BP社『高速電灯線通信のすべて』この本はなんと\19.000-です。6月20日発行予定であった「高速電力線通信のすべて」の発刊予定日が1月延期され,7月20日発刊予定となりました。そんな新技術というより国の省令改正まで年内、早くて10月までにこぎつけるのか?色々な面で興味のある分野ですね。値段が値段だけに今回は特に図書館に感謝しています。 http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/ncc/books/denryoku/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/13 14:57
今週の図書館
今週の図書館は4冊です。 1.免疫をもつコンピュータ― 溝口 文雄 2.進化する自動車       原 邦彦 3.雪の夜話      浅倉 卓弥 4.白の鳥と黒の鳥 いしい しんじ サイエンス&あ行の好きな作家です。 1.免疫をもつコンピュータ― 溝口 文雄 生物のもつ免疫は、さまざまな抗体によって未知の病原体にもあるていど対応し、さらには一度感染した病原体には二度と感染しないという優れた防御システムである。これをコンピュータウイルス対策に応用できないだろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/06 16:42
今週の図書館
今週の図書館はこの2冊です。 1.すぐに役立つ ネット取引と個人情報の法律トラブル解決マニュアル   高橋 裕次郎 取引上のトラブルからメール、個人情報漏えい対策まで、ネット取引と情報管理の法律がよくわかる。事業者からネットユーザー、取扱担当者まで活用自在。内容証明から訴訟まで困ったときの法的手段、消費者相談窓口なども充実。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/30 17:03
今週の図書館
今週は3冊です。ビジネス本1冊と江國 香織さん・栗田 有起さんの2冊です。 1.人事制度イノベーション 滝田 誠一郎 天国と地獄の格差を生んだ制度の行方は? 欠陥と矛盾を露呈した「市場主義型」人事制度だが各社はどう試行錯誤しているか。社員のキャリア・デザインはどう変わるのか。400社を超える取材から探り出す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/23 17:26
今週の図書館
今週はこの2冊です。 1.仕事のパソコン再入門 光文社新書 舘神 龍彦 (著) ISBN: 4334033318 : \735 速い、うまい、気持ちイイ。これがプロ秘伝のパソコン仕事のキモだ。パソコンで仕事のやり取りをする際の、押さえるべきポイントを伝授。メール、ファイル、ツールの使い方を「快適さ」から再構築する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/21 17:49
今週の図書館
今週はこの2冊を借りました。早速、読み始める!! 1.北村薫のミステリー館 新潮文庫 \740- 言葉の作り出す濃密な異空間。謎解きの快感、人生の哀歓―「ここではないどこか」へと誘うアンソロジイ。本格物ミステリ、深遠なテーマをはらむ絵本、翻訳家の名エッセイ、遠い異国の作家の短編、書物にまつわる数奇な話、翻訳機が生んだ日本語変換のシュールな味わい…ミステリ界きっての読書の達人が選んだ「とっておきの名品」18編。胸躍る読書体験を用意してお待ちしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/14 18:17
グラフの表現術 山本義郎著 ★★★★☆
エクセルのマニュアル本はものすごい数がありどれを買うか迷うがグラフ作成についてだけならこの本は実務面から見た推移・分布・相関・比較等をどのグラフを使って表現するかの視点で解説されていてとても良いです。特に統計処理・パレート図・ABC分析は実際の仕事で役に立ちます。説明例の式がちょっと違うかな?と思う所もあったけど・・お得な1冊でした。 DH215-H250 \720 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/02 17:16
金子流 ITエンジニアのための勉強の法則
金子 則彦 (著)\1659 技術評論社 ; ISBN: 4774126640 ; (2006/01) 公認会計士、高度情報処理技術者試験など15の国家資格を持ち、プログラマ、コンサルタント、 セミナー講師として業界にも通じている金子則彦氏が、自身の体験をもとにITエンジニアのための 勉強法を初公開します。『なぜ勉強できないのか』 という質問に一番よくかえってくる回答が『仕事が忙しいから』です。この言い訳はは『仕事が暇になることはない』だから私には勉強できるチャンスはないという意味が隠れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/15 23:34
戦略思考のすすめ \756 河瀬 誠 (著)講談社現代新書
請求記号 DH215-H240 336.1カ この手の本は厚くて読み難いのが多い中、本は価格も手頃、それに内容が良いです。お得な新書です。内容は会社員の価値は「英語ができます」とか「ケーススタディが解けます」といったことにあるわけではありません。会社員の価値とは、あくまでも組織と社会に 貢献すること、つまり「仕事を通じて会社を強くする力」にあります。それができる人こそが、まさに“できる人”であり、大きな市場価値のある人です。昨年の新書ベスト10にも入ってます。 1 頭がいい人、悪い人の話し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 17:50

トップへ | みんなの「本」ブログ

NOBUの独り言 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる